2010年、中部30カヌークラブ新春初漕ぎ!!!

恵那峡下りで2010年の幕開け!!!


カヌーを漕いでいる皆さん明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今日は、中部30カヌークラブの2010年初漕ぎです。私達のホームゲレンデ木曽川を中津川市の玉蔵から恵那市の恵那峡までの8キロを漕いで来ました。
年末から正月と降った雪で恵那山は白く覆われていましたが、それでも天気は快晴、絶好のカヌー日和になりました。冬の木曽川の水は冷たく、澄んでいて浅いところは川底が透けてみえます。
恵那峡を下るのは子供が小さい頃に一緒に下って以来何十年ぶりか。当時と比べるとずいぶん浅くなっていました。深くて水が湧き上がっていたところも穏やかな流れに変わっていて、のんびりとした新年初漕ぎでした。
十年ほど前までは遊覧船が中津川まで上ってきて観光客も雄大な恵那山と木曽川の流れ、奇岩、野鳥と自然にふれていましたが、川の様相が変わるとともに年々観光客も減り、川を下っていても、なんとなく当時の活気が感じられません。
それでも恵那峡の巨岩、奇岩は当時のまま変わっていませんでした。カヌーで近寄ってみるとその大きさに圧倒されます。WW艇で下った私は"沈"が怖くてしっかり上を見ることができませんでした。ゴール近くの岸辺で仲間と話していて、なぜこけたのか分からないまま沈、早速木曽川の水で身を清めさせていただきました。
私以外は全員沈なし、8キロ2時間正月で緩んだ筋肉に刺激を与え、いよいよ2010年が始まりました。
中部30は今年もメンバーのそれぞれの目標に向かって全国の川を漕ぎに走ります。
今年も皆で仲良く、楽しくやりましょう。
2010.1.9

(文、会長 加藤彰則)

                      


<戻る>